アセチルCoA

化学合成のコエンザイムQ10とは

コエンザイムQ10のサプリメントが販売されていた当初は化学合成により合成されたタイプが使われていました。
しかし現在主流になっているのは天然型のサプリメントでしょう。
化学合成型と天然型では一体なにが違うのか、解説していきます。

コエンザイムQ10は体の中である意味勝手に合成され使用される物質です。
生き物の体内に存在している、生き物や植物などが作るものは天然物質とも言われていますので、私達の体が合成するコエンザイムQ10は天然型となります。

それと同じく、お魚や牛肉などを食べて吸収したものも天然型ですね。
サプリメントに使う天然型はデンプンなどを元に、酵母などに発酵させてそれを抽出したものになります。
体内に存在しているコエンザイムQ10とまったく同じ物質なので、摂取しても正常に働いてくれて安心というわけです。

ですが、化学合成の場合は別の物質を科学的に変質させてコエンザイムQ10に作りかえています。
タバコの葉からコエンザイムQ3という物質が発見され、そこからQ10を作る手順が行われ化学合成型として使われているようです。

化学合成型は天然型より純度が低いという欠点があります。
研究当初に行われていた手法なので仕方がないのかもしれませんが、純度が低いということは「もどき」が発生しているということですね。
形だけ似ていて働かない偽物の物質が化学合成型では多いため、効果が期待できないどころか、邪魔になってしまう可能性があります。

最近では天然型のタイプを使用しているサプリメントがほとんどでしょうし、リピーターが多くて人気の製品もすべて天然型だといいます。
化学合成タイプは値段が安いというメリットもありますが、安物買いの銭失いになるだけでなく、体への悪影響も心配です。

化学合成のコエンザイムQ10は前の世代の技術と言ってもいいかもしれません。
今選ぶなら、生きている酵母に発酵してもらって抽出した天然型のサプリメントを選択するようにしてください。

化学合成のコエンザイムQ10は選択から外しましょう。
天然型、または発酵型と製品紹介で説明されているサプリメントを選ぶことが大切です。